Young Couple lovely enjoying a cup of Coffee

人に好かれるとデートに誘われやすくなる?

婚活中は「異性しか目に入らない」という方が結構多くいるものです。しかし、むしろ普段の生活で他人に対して目を向けて親切な態度をとることは、婚活でも役に立ちます。

 

○「役に立たない人」にも親切にすることが大事!

例えば、「異性の友人をたくさん持つ人」「異性の友人がいない人」がいたとします。もしあなたが婚活を行っている場合、「良縁を紹介してもらえるんじゃないか…」という下心から、前者の人を助けることばかり考えてしまうことでしょう。しかし、心理学的に考えると、そのような行動をとるよりもしっかりとどちらも助けるようにしたほうが、良い場合が多いです。この方が、むしろ合コンやデートに誘われたりすることが多くなるものです。その理由を3つ上げていきましょう。

 

1、周囲から「裏表のない人」と思われる。

人間心理として、「特定の人にだけ優しい」という人は好かれない傾向にあります。この理由としては、例えば「自分も、いつかは冷たく扱われるんじゃないか…」という不安があるからと言ってもいいでしょう。一方でどんな人にも優しく接することのできる人は「裏表のない人」と高い評価を得られることにつながります。

 

2、自分に自信を持てる。

実は、このような他人に対して親切にすることは「自己知覚理論」というによって「私は他人に対して親切な人なのだ」と思えることにつながります。このような自分に対して肯定的な評価を持てるようになるということは、自分に対する自信につながります。このような自信を持てるようになることは、婚活でも相手から「頼れそうな人だな」という好印象を持たれることにつながるでしょう。

 

3、本命の相手のピンチに対して敏感になれる。

「親切な行動」というものは、日ごろから慣れていないとなかなか出せないものです。例えば、「ちょっと寒そうだな」とか、「ヒールが痛そうだな」と感じるようなセンスは、一朝一夕にはなかなか身に着けられないものです。そこで、普段から困っている人を助けることに慣れておくことで「相手のピンチに対して気が付く人」となることができるでしょう。

 

○まとめ

人というのはどうしても一つのことを考えるとほかのことがあまり目に入らなくなってしまいます。特に目的をきっちり立てて一歩ずつ進んでいく人ほどこのような傾向は強いかもしれませんが…。時には周りに目を向けて、「自分自身が周りからいい印象を受けられるようにすること」を考えるといいでしょう。そうすれば、デートなどに誘われたりする機会も増えることと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone