af0100000009

嫌われないための感情コントロール

男性は「感情的な女性」が基本的には苦手です。その為、いきなり怒り出したり溜めこんで爆発させてしまうような女性に対しては悪感情を抱きやすいもの。そこで今回は、男性から嫌われないために、上手に自分の感情をコントロールする方法について解説します。

 

溜めこんで爆発すると、男性は極端に怯える。

まず、一番大事なのはこれです。男性は女性と比べて相手の気持ちを察することがあまり得意ではありません。その為「いつかは分かってくれるはず」と我慢していれば、男性はいつまでたっても気づいてくれません。そのことに気づかずに我慢ばかりしていると、いつかは大爆発して関係が壊れてしまうことにもなりかねません。そこで今回は、そのような失敗が起きることで男性に嫌われないための感情コントロールの方法について解説を行います。

 

1、「辞めてほしいこと」があれば、上手に伝える。

例えば、どうしても相手に「我慢できないこと」があったとしましょう。このような時にも、我慢し続けた揚句に「もういい加減にして!」と怒るのは良くありません。そうではなくて、「ちょっとイライラしてきたな」と感じた時に「○○なところがあると、私はこう感じるんだ」と言った形で「相手が行っている事実」「それに伴う自分の気持ち」に絞って伝えるようにすることが大事になります。

 

2、相手の人格まで否定しないことが大事。

デートの時に良く約束を忘れて遅刻することが多い男性が居るとします。このような男性に対して「あなたって本当にだらしないよね!」と言うと、その恋は終わってしまうでしょう。そうではなく、相手の「人格」を傷つけずに、「行動」だけに目を向けて指摘することが大事です。例えば「デートで毎回遅刻されると、不安になっちゃうな」などの言い方をする方が、相手にとっては耳に残りやすくなるでしょう。

 

3、「罰」で相手を縛ろうとしないことが大事。

人間には「抑圧」と言う防衛機制があります。これは簡単に言うと「嫌なことを忘れようとする」と言うものです。その為、もしも相手がこちらの嫌がることをしてきたとしても「罰」を与えることはやめた方が良いでしょう。人間は嫌なことほど忘れたがる生き物なので、「罰」を与えると、却って相手は同じようなことを繰り返す可能性があるからです。

 

まとめ

異性と付き合っていると、どうしても我慢できなくなることがある。しかし、これに対して我慢して大爆発すると、関係は終わってしまう。そこで、イライラしてきた段階で理性的に指摘すること、相手の人格までは否定しないこと、相手に対して過剰な罰を与えないことが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone