af0060000914

無口な男性に嫌われない方法とは?

男性は女性と比べてあまり会話するのが得意でない方も多いものです。しかし、このような相手に対して、こちらが「話題を提供しなきゃ!」と思って話しかけても却って相手に嫌われてしまうことがあります。そこで今回は無口な男性にも嫌われない方法を解説します。

 

無口な男性と言っても、その内面は様々!

人間と言うのは、見た目は同じ行動をしているように見えても、その背景にある理由は全然違うものです。例えば、同じ小学生の万引きであっても「食べものが家になかったので仕方なく行った」と言う子もいれば「家庭関係などでの問題が原因で行った」と言う子もいるものです。これは、婚活などでも同様です。その為、もしも無口な男性に出会ったのであれば、「なぜ、この人が無口なのか」について考えることが、婚活で相手に嫌われないためには重要になります。

 

1、なぜ無口なのかをしっかりと考える。

まず、大事なのはこれです。例えば無口な男性であっても、「親しい人とは気軽に話すことが出来る人」「女性慣れしていなくて、緊張しがちな人」「元々お喋りが好きじゃない人」「受動的な人」など様々な理由が考えられます。その為、この人にいくつかアプローチをしていく中で「どんな理由で無口なのだろうか」と言うことについて考えることが重要になります。

 

2、「閉じた質問」を上手く使っていく

男性によっては「自分の気持ちを表現することが苦手」と言う方もいると思います。そのような人に対して「○○君はどう思うのかな?」と尋ねてもあまりいい返事が返ってこないことがあります。その為、「○○にしようと思うけど、○○君はそれで良いかな?」などの「閉じた質問」を上手に使うことが重要です。他にも「○○と○○なら、どっちが良いかな?」などの選択肢を出して選ばせる方法も良いでしょう。そうして関係を深めて信頼関係を築くことが重要になります。

 

3、自分も口下手なら、無理に話そうとしなくても良い。

しかし、基本的に「無口な男性と接するのが苦手」と思う女性の場合は、こちらも口下手と言う場合が多いと思います。しかし、もしもそうであるのならば無理に話そうとしないことが重要です。特に相手が「元々お喋りがすきではない」タイプの人であればなおさらです。寧ろ、黙って一緒に居るだけでいる方が相手にとって良い印象を与えることがあるということはきちんと理解することが重要です。

 

まとめ

無口な男性と言うのは多いが、その背景にある理由は人によって全く異なる。その為、まずは相手のことを理解することが重要。そして、人によっては会話の時にも「閉じた質問」を上手く使って会話をすることと、無理に会話を広げようと躍起にならないようにすると、より良い関係に繋がる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone