af0020000114

人に嫌われてしまう「オレオレ詐欺系女子」とは?

婚活に限らず、いわゆる「私が、私が」と言うタイプはあまり好かれないものです。それに加えて、言い逃れのために嘘を付いたりしてしまう「オレオレ詐欺系女子」は正直嫌われやすいものです。そこで今回は、「オレオレ詐欺系女子」について解説し、婚活の場で嫌われないようにする方法を考えていきましょう。

 

婚活で言う「オレオレ詐欺系女子」とは?

オレオレ詐欺。現在は振り込め詐欺と言う名前でも知られている犯罪ですが、今回はこれとは直接関係ありません。ここで言う「オレオレ詐欺系女子」とは、口癖が「私が、私は…」であるのに、約束を守らなかったりするようなタイプの女性のことを言います。言ってしまえば男性社員に「だから女なんかに仕事を回したくないんだ」と思わせてしまう女性のことでもあります。このような女性は周囲から大変不評を買ってしまいます。そこで今回は「オレオレ詐欺系女子」の特徴について解説をします。

 

1、自分に関連する話題にしか興味を示さない。

例えば、釣りの話をしていたとします。そして男性が「この間鎌倉に行った時にさ…」と話をした時に「あ、鎌倉は私も行ったことある!あそこって…」と言った形で話題を変えてしまうことは無いでしょうか?基本的に人間は自分の会話にしか興味を持っていないもの。相手からすれば「突然話題を変えられたようで、非常に不快な気分」となることでしょう。相手の話が全部終わってから「そう言えば鎌倉で思い出したけど…」と自分の話題を切り出すようにすると上手くいくことでしょう。

 

2、ミスが起きた時に、自分のせいだと認めない。

この「オレオレ詐欺系女子」の特徴として、仕事には非常に積極的に意欲的に取り組むことが挙げられます。しかし、ミスが起きた時に「俺は悪くねえ!」と無意識に思ってしまうのでしょう、言い訳を繰り返してしまい却って相手に悪い印象を与えてしまうことになりかねません。「仕事を引き受ける時には、それで生じた失敗も引き受けること」と言う旨を心に留めておくことが重要です。

 

3、自分が一度した約束を守らない。

意外に知られていないのですが、契約と言うのは実は「口約束」でも法的な拘束力があるものです。それだけ「一度行った約束」は重要な意味を持っているものです。しかし、「オレオレ詐欺系女子」は、その時の気分などでデートの約束を延期したり、デート当日などに遅刻したりすることが多いものです。このような「詐欺」を繰り返していると、次第に周りから悪い評価を受けてしまいます。「できない約束はしない」「約束したら守ること」この二つは単純ですが非常に重要です。

 

まとめ

「オレオレ詐欺系女子」とは、自分のことを見てもらいたいという気持ちの強さの反面、無責任なところが問題として挙げられる。その為、もしも自分にそのような特徴があると感じるのであれば、まずは「できる約束しかしない」「しっかりと責任を取る」と言うことを心がけることが重要である。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone