af0100010312

年下の男性がキュンとくる魔法の言葉3パターン

婚活で年下の男性を狙っている時には、どのような接し方が重要になるか。それは何と言っても「理解者になる」と言うことです。相手の「若いからこそ持つ悩み」について理解し、それに共感してあげることで相手はキュンとした気持ちになることと思います。

 

先輩面ではなく「理解者」になること。

よく年下の男性に対する接し方でやってしまうのが「部活動の後輩に対する接し方」をしてしまうやり方です。確かに、年上であるあなたからみれば相手は非常に未熟に見えることもあると思います。しかし、そこで相手に説教したくなる気持ちを押さえて、相手のことを「理解」するように接することが重要になります。そこで、今回は相手の「理解者」となるために役に立つ魔法の言葉を紹介いたします。

 

1、「見えないところで頑張っているよね」

人間は多かれ少なかれ「自分は見えないところでもきちんと頑張っている」と言う自負を持っているものです。そこで、「縁の下の力持ち」となっていることを指摘されると喜ぶものです。特に年下の男性であればまだまだ仕事などでも重要なポストは任されていないことが多いもの。その為上手に「人には知られていないけれど、私はあなたが頑張っていることを知っている」と伝えるようにすることが大事になります。

 

2、「そう言う人って中々いないよ」

年下の男性は基本的に「今の自分はまだまだだけれども、これから大きく飛躍する」と思い込んでいるものです。その為、相手に「将来性がある」と思っていることを伝えると相手にとっても良い印象を与えられることでしょう。例えば相手が保育士であれば「保育士さんって○○だけど、君はそう言うのとは違う感じがするよね」と言った形でしょうか。このような言い方をすれば「この人は俺のことが良くわかっている」と感じ、良い印象をもってくれることでしょう。

 

3、「分かって貰えないのは辛いよね」

年下の男性は基本的に職場で上司との関係に悩んでいることが多いものです。そこで、そのような時に「分かって貰えない辛さ」を共感してもらいたいと思っているものです。例えば、「君は○○って風に思っているけれども、上司は○○なことを思っているってことだよね。それは辛いと思うな」と言った具合に共感すれば「この人は自分のことを分かって貰える」と感じるようになることでしょう。このような共感をすることが、相手にとって良い印象を与えることに繋がります。

 

まとめ

年下の男性に対する接し方では「部活動の先輩」になるのでなく「良く理解者」になることが大事。職場で上司との軋轢にもめていたり、まだまだ主要な仕事をやらせてもらっていないことへの悩みや、「俺はこれからもっと伸びる人材だ」と言う気持ちに共感してあげることが重要となる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone