af0100010221

男性がキュンと来る「プレゼントのもらい方」

例えばクリスマスやバレンタインデーなどで男性からプレゼントをもらったとします。このような時に上手にリアクションを取ると、相手からは非常にいい印象を受けることになります。そこで今回は、どのように言えば相手が喜ぶのかについて解説します。

 

プレゼントをもらったときの反応は非常に大事!

クリスマスやバレンタインデーでは、恋人からプレゼントをもらうことになると思います。しかし、この時の反応がまずいと「この子、ブランド品目当てで自分と付き合っていたのか?」と思うことに繋がることでしょう。このようなことを避けるために、プレゼントをもらった時にはしっかりと相手が喜ぶような反応をすることが重要になります。そこで今回は、プレゼントをもらった時に忘れちゃいけない行動を3パターン解説します。

 

1、あたりまえだけど、120点の笑顔で「ありがとう」がまず大事

言うまでもありませんが、プレゼントを相手に渡す理由の殆どは「相手の笑顔が見たいから」と言えるでしょう。その為、相手からプレゼントをもらった時には必ずしっかりと笑顔で「ありがとう」と伝えることが大事です。オドオドしたり、つまらなそうな表情をしてしまうと、相手は相当に傷つくことになってしまうので、そこは注意が必要になります。

 

2、「○○さんのくれたものなら何でも嬉しい」と言う。

しかし、場合によっては黒焦げのクッキーのように「相手も、喜んでくれると思っていないもの」を渡されてしまう時もあることでしょう。このような時に重要なのは「あなたのくれたものだから嬉しい」と言う言い方をすることです。このように言えば、相手も「良い子だな」と感じることになり、良い印象を与えられることになります。最も、これを言うと、今後も「手作りの陶芸」とか「自分の曲が入ったCD」などの変なプレゼントをもらうことになるかもしれませんので、そこは注意が必要かもしれません。

 

3、「すごい嬉しい!」と感情表現を大事にする。

何度も書いたものですが、やはり恋愛においてはきちんと感情を伝えることが重要です。特にプレゼントをもらった時などでも、「欲しいものをもらったこと」ではなく「プレゼントをもらえたことそのもの」に対して嬉しいという気持ちを表現することが大事と言えるでしょう。例えば「こうやってプレゼントもらうのって初めて。凄い嬉しいな」と言った言い方をすれば、相手も嬉しくなることでしょう。

 

まとめ

プレゼントをもらった時の反応は、きちんと行うことが大事。ストレートに「嬉しい、ありがとう」と言うことも大事だが、どうしても「いやげもの」をもらってしまう時がある。このような時には「あなたがくれたものだから」と言う言葉を含ませると、相手も喜んでくれる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone