af0060000601

いつまでも愛される女性でいるためには?

長い間付き合っている男性であれば、次第に向こうも扱いがぞんざいになってくるということもあります。このような時にいつまでも男性から「愛される存在」で居続けるためにはどのようなことが重要なのでしょうか。今回は、いくつか「愛され続ける」ために重要な方法を解説します。

 

いつまでも愛されるためには工夫が大事。

例えば婚活パーティーなどで知り合った男性と付き合って何年も経過したとします。こうなると、次第に向こうもこちらに飽きてきてしまい、扱いがぞんざいになってしまうことがあることでしょう。このようなことにならないためには、日ごろからどのようなことに気を付けるべきなのか。これについて考えることが、いつまでも男性から愛され続けるためには重要になります。そこで、今回はその為の方法をいくつかご紹介いたします。

 

1、他の男性の影をちらつかせる

男性は支配欲求が強い者です。その為、他の男性の影が見えたりすると「もっと大事にしてあげないとな」と思うようになることが多いもの。そこで「昨日後輩に誘われちゃってさ」などと他の男性の影をちらつかせることは(余程束縛するタイプでない限りは)有効と言えるでしょう。その上で「けど、私にはあなたがいるから」と言われると、よりキュンと来ることでしょう。ただ、言うまでもありませんがキスやセックスなどの一線を越えてしまったら逆効果になってしまうので、そこは注意することが重要です。

 

2、「愛されていると嬉しい」と素直に伝える。

特に日本の男性は相手に対して素直に「好き」「嫌い」を言うのが苦手なものです。昔のドラマなどでも「こぶしで男同士が語る」と言うシーンがあるのも、このような性格が関係しているのでしょう。その為、男性は「愛している」と言うことは特に関係が長くなってくると言ってくれなくなるものです。そこで「好きって言われると凄い嬉しいの」と言ったように、愛されているという実感を持てることが、自分にとってどれほど嬉しいことなのかをしっかり言うようにすると、相手もこちらに対して大事にしてくれることでしょう。

 

3、日ごろから甘えてみる

男性は基本的に甘えてくる女性に対して優しくなるものです。ただし、この場合の「甘え」とは「わがまま」と言う意味ではなく、「自分に好意を向けてくれる」と言う意味だと思っても良いでしょう。例えば普段から「今日はあなたに甘えたいけど、良い?」と言ってみたり、「あなたが居ないとやっぱりちょっとさびしいな」と出張から帰ってきた後に行ってみたりするような行動と言えるでしょう。このような、上手な「甘え」を行うことで相手からも好意を持たれることに繋がります。

 

まとめ

関係が長く続くと、ぞんざいな扱いをして来たりする男性は居るもの。その為、日ごろから「ほかの男性の影をちらつかせる」「愛されていると嬉しいことを伝える」「相手に常に好意を向け、頼りにしていることを伝える」ようにすることが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone