gf1420096660

男性がキュンと来る叱り方とは?

どうしても婚活などで知り合った相手とデートをしていると、相手がこちらを苛立たせるような発言をされることもあると思います。しかし、このような時に上手に叱れば、関係が悪化するどころか「素敵な人なんだな」と思ってもらえることに繋がります。

 

感情的に叱らないことが大事!

まず、過去に記事でも何度か書いたと思いますが、男性を叱るときには感情的になってしまってはいけないということです。男性は「感情を表現してくれる女性」は好きですが「感情をぶつけてくる女性」は苦手と言う特徴を持っています。その為、「なんでこんなことするのよ!」とか「こんなことするなんて信じられない!」と言った言い方をすると却って逆ギレさせてしまうか不快な気分にさせるだけで問題の再発防止に繋がらないことがあります。そこで今回は、男性がキュンとくる叱り方について解説します。

 

1、褒めてから叱り、また褒めてしめる。

これは子育てにおいても重要な叱り方です。最初から相手を叱ってしまうと、却って相手は不快な気分になりその後の話に耳を傾けないことでしょう。また、叱って終わりになると、相手は嫌な気分のままで終わってしまいます。そこで、最初は相手のいいところをほめ、その後に言いたいことを感情的にならずに叱り、そして最後に良い褒め方をすることが重要になります。

 

2、事実だけを叱ることに留めて人格は叱らない。

例えば、もしも仕事で書類に不備があった時。このような時に「お前は愚図な奴だ」と言われるのと「書類にミスがあったのか。次は気を付けてね」と言われるのとでは、後者の方が嫌な気分にはならないと思います。このように、相手がこちらを不愉快にさせてくるのであれば「事実」を叱ることに留めて、相手の人格まで叱ってしまうことが無いように注意することが何よりも重要になります。

 

3、叱るときにも感情表現が大事。

例えば、相手が問題となる行動をした時にも「なんでこんなことをするんだ」と叱るよりも、こちらの気持ちを「ぶつける」のではなく「伝える」方が良いときもあります。例えば「そんなことされたら、寂しいな」とか「そう言われたら傷つくよ」と言った言い方の方が、相手にとっても「ああ、悪いことしちゃったのかな」と言う気持ちになりやすいことがあります。その為相手を責めるだけではなく自分の気持ちを正直に伝えることが重要になります。

 

まとめ

男性に対しては、叱るときには感情的にならないことが重要になる。特に、相手の人格を否定するような表現は避け、褒め言葉から入ること、そして落ち着いた口調で自分の感情を伝えることが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone