af9920039092

メールをする時にキュンとしてもらう方法

婚活などで知り合った男性に対して、キュンとしてもらう方法にはどのようなものがあるでしょうか。これは簡単に言うと素直に感情表現をするようにすることが重要なのですが、今回は具体的にどのようなフレーズが相手にとって良い印象を与えられるのかについて解説を行います。

 

重要になるのは感情表現

メールと言うのは「表情」や「話し方」と言うものを使えずに純粋に「話す内容」だけで相手とコミュニケーションを取ることが特徴です。その為、メールでのやり取りが上手くいかないという方は多いと思います。実はメールのやり取りできわめて重要なのは、実は「感情表現」です。普段は表情や話し方などで相手に伝わることを上手く文章で伝えられるようにすることがまず第一歩です。そこで今回は、どのように感情表現を行えば良いのかについて解説を行います。

 

1、「嬉しい」「悲しい」などのストレートな言葉

まず、一番重要なのが「ストレートな表現」をすることです。例えば、メールのやり取りをしている時でも「○○さんと話が出来てすごく楽しかった!」と言ったり、「やっぱり、会えないと寂しいな」と言ったりすするようなことが重要と言えるでしょう。このようなストレートな感情を伝えることは年齢を重ねるにしたがって苦手になっていくことが多いものなので、注意することが重要になります。

 

2、「さすがですね!」「良いですね!」などのノリのいい言葉

例えば、相手が「近々、新しい企画が立ち上がりそうなんだ」と言ったとします。その時に「あ、そうなんですか」と返すよりも「へえ、良いですね!」と言ってもらえた方が嬉しいと思います。このような「ノリのいい言葉」をかけてあげると、相手も喜ぶことでしょう。とにかく、相手の発言などに対して感情を揺さぶられたようにふるまうことが重要になります。

 

3、「なんでそんなに優しいの?」と言ったほめ方

男性は「優しいんだね」と言われると喜ぶものですが、これはその表現をさらに変化球にしたものです。このような言い方をすれば、相手は嬉しく思うだけでなく、「そりゃ、君が好きだからだ」と言った肯定的な感情を意識化することに繋がります。このように言われれば男性は単に嬉しく思うだけでなく「俺は優しい人なんだ」と思ってもらうことに繋がるため、重要になります。

 

まとめ

男性は基本的に、素直に感情表現をされると嬉しく思うもの。その為、悲しい気持ちや嬉しい気持ちを素直に伝えたり、ノリのいい返事をすること、そして優しい理由について尋ねたりするようにすると、相手も良い気分になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone