af0100007751

職場で相手にキュンとなってもらう方法とは?

職場に気になる男性が居るのであれば、キュンとなってもらう方法はどのようなものがあるでしょうか。これは、簡単に言えば「職場で欠かせない人」と思ってもらうことなのですが、今回はその方法について解説をいたします。

 

職場でキュンと来るセリフとは「欠かせない人材」と伝えること。

職場に気になる男性が居る時には、どのようにアプローチをすれば良いと思いますか?その方法の一つとしては「あなたは、この職場では欠かせない逸材です」と言うことを伝えることになります。言い換えれば、相手の自尊心を高めるような言い方をすることが重要なのですが…。職場でどのような言い方をすれば相手の自尊心を高められるのかについて、今回は3つの魔法の言葉を紹介します。

 

1、「○○ってどういうことですか?」

例えば、相手が電気系のメーカーだったとしましょう。そうすれば、相手は恐らく電気系の新聞記事について詳しいと思います。そのような時に「今朝新聞に出ていた○○ってどういうことですか?○○さんなら分かると思ったのですが…」と言った形で尋ねるようにすれば、相手は「俺って頼られているんだな」と思われて、キュンと来ることでしょう。この時には、できる限り相手が「聴いてほしい内容」であることと、「あまりに常識的なこと」は聞かないようにすることが重要になります。

 

2、「見えないところで頑張ってるんじゃないですか?」

部活動をやっていた方なら大抵はそうだと思いますが、レギュラーの人の殆どは部活での練習以外にも自主トレをやっていたのではないでしょうか。会社員の男性もこれと同じで、大抵は仕事のパフォーマンスを上げるために何か努力をしているものです。人間と言うのはこのような「目に見えない努力」をほめられることが非常に嬉しい者なので、このようなことを訊いて見れば、「良くわかっているんだな、この子は」と思ってもらえることでしょう。

 

3、「○○さんなりのこだわりですね。」

これも重要な言葉です。たいていの男性は仕事に自分なりの「こだわり」を持っており、それに誇りを持っているものです。例えば「常に顧客の利益を第一に考える」「数値だけでなく、将来的な目線を持つようにしている」などがこだわりと言えるでしょう。このようなものを持っていることについて気づいてあげることが、相手に好感触を持ってもらうための秘訣です。

 

まとめ

職場で男性にキュンとしてもらうには、「あなたは職場で欠かせない存在」と思っていることを伝えることが大事。本人なりの努力やこだわりなどを認めることや、専門分野について教えてもらうようにすることが、何よりも重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone