af0060020075

初対面の挨拶で異性に好意を持たれる方法

婚活では初対面で相手に良い印象を受けてもらうことが非常に重要になります。そこで、今回は異性がキュンと来るセリフについて紹介します。初対面の時にどんなことに注意すれば、男性が好感触をもたれるのかについて考えていきましょう。

 

大事なのは、相手を認めること!

男性は基本的に加齢とともに褒められる機会が減っていきます。また、褒められるとしてもその人の「企画」をほめられたり「結果」をほめられたりなどの場合が殆どです。言い換えればその人の「内面」をほめてもらうことが殆どないということです。そこで今回は、初対面で相手に好感触を持ってもらうために、相手を上手に認める方法について解説を行います。

 

1、「凄いですね!」

あたりまえの発言ですが、これは非常に重要になります。簡単に言うとモテる女性と言うのは「相手のいいところを沢山見つけられる女性」のことです。勿論相手がコンプレックスに思っているところを「すごいですね!」と言ってしまうのはダメですが、日常の些細なことでも「すごいですね!」と言うことは大事です。例えば、仕事はいつも定時に終わらせられる、食事の仕方がきれい、海外旅行に良くいくなどの些細なことでも良いので、男性を「すごいですね!」とほめてあげることが重要です。

 

2、「○○さんみたいな人に会ったの初めてです」

人間は、「自分だけは特別」と思っているものです。その為、そのことをしっかりと強調されると喜ぶことが多いものです。例えば、スポーツ観戦が趣味の男性に対して「普通の人とは選手の見方が全然違うんですね。こんな視点で見る人って初めてです」と言った形で褒められたら相手は非常に嬉しく思うことでしょう。勿論言い方で相手に嫌な感情を与えないように、素直に感動したように話をすることが重要です。

 

3、一緒に居ると緊張する。

要するに、相手に対して「友達としてではなく、恋人候補としてみています」と言った形で相手に思ってもらうことが重要と言うことです。このように言えば相手は「自分に好意を持ってくれているんだな」と思ってくれることでしょう。また、このように言うことで、元々緊張して話をするのが苦手な人であっても「俺といるから緊張して、上手く話せていないんだな」と肯定的に捉えてもらうことに繋がります。

 

まとめ

初対面の相手がキュンと来る発言は、「すごいですね」「あなたみたいな人、初めてです」と言ったものがある。また、緊張しがちな人は特に「一緒にいると緊張する」と言うようなことを言うのも、方法としては有効である。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone