gf1420096695

婚活で浮気をされやすい人はどう対処する?

婚活嫌いな人の中には「過去に、婚活で知り合った男性に浮気されたから」と言う人は結構多いのではないでしょうか。このように、浮気性の男性に対してどのように対処するのかについて、今回は解説を行います。

 

婚活でも「浮気性の男性」は存在する!

どんなに真面目な婚活を行って「真面目そうな男性」を見つけても、浮気するような人は出てきてしまいます。それが原因で男性不信になって婚活嫌いに繋がったような方も多いのではないでしょうか。また、人によっては「なぜか浮気性の男性ばかり引いてしまう」と言う女性も多いと思います。そこで、今回は「好きな男性が浮気をしないための方法」について、いくつか解説をいたします。

 

1、「浮気しないでね」とくぎを刺してもあまり効果が無い。

例えば、子どもの頃に「親や先生に禁止された遊び」ほど楽しかったということは無かったでしょうか?このように、人間は「禁じられた遊び」ほどスリルを覚えて楽しくなってしまうものです。その為、あまり「浮気しないでね!」とくぎを刺しても却って相手に「ばれないように浮気するドキドキ感」を与えてしまうことになりかねません。また、相手に束縛されるストレスから浮気されてしまうこともあるため、あまり強くくぎを刺してしまわないように注意することが重要です。

 

2、浮気に対して、逆に認めてみる。

これはある意味危険ですが方法としてありです。前も話しましたが人間は「自分で物事を決めたい」と思うものです。即ち、どんなに好きなことでも強制してやらされれば面白くないということでもあります。その為、浮気する相手に対して落ち着いて「浮気したいなら良いよ。けど、ちゃんと私のもとに最後には帰ってきてね」と言って逆に認めるのも一つの方法です。このように言うと「なんか、浮気する気分じゃないな」と、相手の気持ちをそぐことにも繋がるかもしれません。

 

3、「よりを戻そう」と言っても一時停止!

仮に浮気によって別れた男性から「やっぱりお前のことが忘れられない」と言われても、油断しないでください。それは「あなたのことが忘れられない」のではなく「あなたしか、今周りにいないから」である可能性が高いからです。つまりあなたのことを「本命」としてみているのではなく「浮気相手」としてよりを戻そうとしている可能性があります。そのようなことにならないように、相手から寄りを戻そうと言われても一旦停止して、「本当に大丈夫なのかな?」と疑ってみることもある意味では重要です。

 

まとめ

どんな真面目な場所であっても、浮気する男性と言うのは居るもの。もし浮気性の男性と付き合っているのであれば、無理にくぎを刺さないこと、感情的にならずに理性的に対応することと、寄りを戻そうと言っても、安易に信頼しないことが重要になる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone