af0100011925

束縛と愛情の違いって何?

人間は、「束縛されるのが好き」と言う人は意外に多いものです。しかし、このような方に対して実際に束縛を行うと「やっぱり、束縛されるのは苦手だな」と言うことになってしまうことがあります。これは「束縛されたい」と言う異性の言葉を微妙に取り違えているからなのかもしれません。

 

「束縛されたい」の意味を間違えないで!

たまに「束縛されたい」と言う方は(特に女性に)いるものです。しかし、この「束縛されたい」の意味を取り違えてしまって、「やっぱりあなたみたいな人とは付き合えない」と言われてしまうことは結構あるものです。しかし、これが原因で「異性の言うことは信じられない」と考えてしまうのは早計です。これは単に「こちらと相手の考えている『束縛』の意味が違っていたから」とも言えます。そこで今回は、こちらと相手の考える「束縛」の意味について考えていきましょう。

 

1、相手が言う「束縛」は「一途にこちらを思うこと」

結構「束縛されたい」と言う人は、寂しがり屋な場合が多いものです。その為、「束縛されたい」と言う表現をすることが多いのかもしれませんが、この言葉の本音は「自分を寂しい気持ちにさせないでほしい」と言う意味とも捉えられることでしょう。その為、マメに連絡をしてくれたり、「浮気とかしていない?」と言ってやきもちを焼いてくれたりなどの関係を好むと考えられます。その為、「自分がやりたいことなどに対しては、あまり干渉してほしくない」場合も多いことでしょう。当然ですが、浮気するのは論外です。

 

2、こちらの考える「束縛」は、「相手を支配すること」

一方で、こちら側の考える束縛とは「相手を支配すること」とも言えます。例えばですが、相手がカルチャーセンターに通いたいと言った時に「私のもとから離れちゃダメ」と言って強引に引きとめたりするような行動を「束縛」と思うのかもしれません。しかし、このような形での束縛を相手は求めていない場合が多い者。その為、両者の間で軋轢が起きてしまうことになるのかもしれません。

 

3、相手の言葉の真意を正しく理解することが大事!

このように、同じ「○○な人が好き」と言う言葉でも、その背景にある意味はまるで別物と言うことは結構多いものです。「束縛されたい」と言う人であっても、「自分の行動の自由を徹底的に制限される」ことは望んでいない場合が多いものです。逆に、「束縛されたい」と言う人は「自分を寂しい気持ちにさせないでほしい」と思っているものです。そのことをきちんと理解して、相手の望む人物像についてしっかりと考えるようにすると良いでしょう。

 

まとめ

例え「束縛されるのが好き」と言う人であっても、その言葉通りに受け取ってはいけない。向こうは単に「一途に自分を愛してほしい」と言うだけなのかもしれない。このように、相手の言葉の真意をしっかり読み取ることが、婚活で失敗しないための重要な方法である。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone