af9920039211

「婚活嫌い」になりやすい人の口癖は?

婚活嫌いな人の背景には「異性に大事にされていない」ということがあるのかもしれません。例えば、日ごろの口癖で無意識のうちに相手をいやな気分にさせていることは多いものです。そこで「婚活嫌い」に陥りやすい人の口癖を今回は解説します。

 

「婚活嫌い」の背景は、「異性との関係」にあるかも?

例えば、自分の嫌いな人とは結婚したいとは思わないことでしょう。もしも普段の生活から異性に大事にされていなかったとしたら、その人は「結婚したら、毎日異性のご機嫌取りをしないといけないのか…」と思うようになってしまうため、婚活を無意識のうちに避けるようになるのかもしれません。さて、「異性に大事にされない理由」というのは様々ですが、少なくとも日ごろの口癖で無意識に「異性をいやな気分にさせる発言」を繰り返している人は多いものです。そこで、今回は「婚活嫌い」な人が良く行う口癖について解説を行います。

 

1、「それ、知っていますよ。」

人間というのはすべての人がエンターテイナーというわけではありません。そのため、つまらない話や自分がすでに知っているような話をされることもあるでしょう。しかし、そういう時に「それ、もう私は知っています」ということは相手に非常に悪い印象を与えることになります。相手は「話をすること」というよりは「話をして、相手に認めてもらいたいこと」が目的だと思い、初めての話でなくとも興味深く聞くようにすることが重要になるでしょう。

 

2、「つまらなかった」「面白くないね」

人間は心理学的に、「自分と共通のものを面白いと思った人のことを好きになる」という特徴を持っています。しかし、逆に言えば「自分が気に入っているものを否定する人のことは嫌いになる」という特徴を持っているものです。そのため、婚活に限らず日ごろの会話などでもネガティブな発言が多い人は、周りから不快な思いをさせてしまうことがあります。自分の意見を抑えてつまらないものでも面白いということは、他社の気持ちを尊重する「思いやり」でもあることは覚えておくといいでしょう。

 

3、「前に付き合っていた人は……」

確かに、前の恋人のことを無意識に比べてしまうことはあるでしょう。しかし、「相手をコントロールする」ためにこのような発言を行う人は多いです。例えば「前の彼女とのデートは割り勘だった」「前の彼氏はいつでも電話してくれた」などの発言がこれに当たります。このような発言を繰り返していると、相手も無意識のうちに「この人を大事にしたい」と思わなくなり、大事にしてくれなくなります。これが原因で「婚活嫌い」になるのかもしれません。

 

まとめ

婚活が嫌いな人は、過去にその口癖から異性に嫌われていた可能性がある。自分の知識をひけらかしたり、相手の得意なものを馬鹿にしたり、前の恋人のことをことさらに引き合いにださないようにすることが、異性に好かれる第一歩となる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone