af0100001519

初デートで「次」に繋がる女性とは?

初デートだけで終わってしまうと、やはり精神的にはかなり堪えるものがあると思います。そこで今回は、初デートだけで終わらずに、「次回のデート」にも誘われる女性になるための方法について、いくつか解説を行います。

 

一緒に居てホッとできると思われれば満点。

男性は、「恋人にしたい女性」の基準はまず「若い美人」ですが、「継続した関係を作りたいと思う女性」の基準は「一緒にいて落ち着けるような相手」と言えます。例えば、価値観が似通っていたり、自分の精神的な疲れをいやしてくれるような女性であれば、今後も一緒に居たいと思ってくれることでしょう。そこで今回は「一緒に居てホッとできる相手」になるために、どんなことが重要なのかについて解説を行います。

 

1、ストレスになるようなエピソードを聞いてあげる。

男性は基本的に、仕事では多かれ少なかれストレスを抱えているものです。また、婚活しているということは「結婚相手が見つからない」と言うことそのものもストレスになっていることが考えられます。その為、男性には職場や家庭などで普段感じているエピソードを聞いて、そばにいてあげるだけでも相手には好かれることになります。無論むやみに相手の辛い部分を穿り返すのは論外ですが、相手の話もしっかり聞くようにすると上手くいくことでしょう。

 

2、感情的にならないように心がける。

例えば、ニューハーフにはまる男性には「女性との付き合いに疲れてしまった人」と言うのがあります。このような話を聴くと、男性は「女性と一緒にいるとストレスになりやすい」と言うことが考えられると思います。この原因の一つとしては「感情的になる女性に男性は弱い」だと思います。基本的に男性は感情をあらわにされると不安になることがあります。そこで、いきなり男性の前で怒ったり泣いたりなどの行動を取って、相手を不安にさせないようにすることが重要になります。

 

3、こちらが相手以上に楽しむ。

男性と言うのは女性が思っているよりも繊細なところが多いもの。その為、デートなどで失敗したと感じたら「もう、この子は誘っても来ないだろうなあ…」と思ってしまってアプローチを辞めてしまうことになりかねません。その為、デートの時にはたとえつまらなかったとしても「あなたと一緒にいたから十分楽しかった」と言うことを十分伝えることが、婚活では重要になります。

 

まとめ

デートで次につながる女性と言うのは「一緒に居てホッとできるような相手」である。そのような女性と思われるためには、相手の話をしっかりと聞いてあげたり、感情的にならないように心がけたり、こちらが相手以上にしっかりと楽しむようにすることが大事である。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone