walking city tour

年下の相手との会話を盛り上げる3つの方法

年下の相手と接するときに嫌われるタイプは「先輩面するタイプ」になると思います。仕事の関係で「よき相談相手」となっているつもりでも「偉そうな奴」と思われている人は多いもの。そこで今回は年下の相手と話を盛り上げるような方法について考えていきましょう。

 

○年下の相手には「人生の先輩」として接するのはNG!

勘違いした中年男性が「私の大人の魅力で…」などと考えて若い子に声をかけ、セクハラ扱いされた話は枚挙に暇がありません。人間は余程尊敬できる相手出ない限り「先輩面」されることに対して抵抗を持つものです。特に男性は年上とはいえ女性から「上から目線」で接されると、少なくともその相手を恋愛対象と思うことは無くなるでしょう。そこで今回は、年下の相手と会話を行う時に、上手く盛り上げるための方法について解説を行います。

 

1、いろいろと逆に「教えてもらう」立場になる。

若いというのはそれだけで価値があるものです。しかし若い人はたいていの場合「教えてもらう」立場なので、自分から情報を発信する機会に恵まれません。そこで、逆にこちらが何かを教わる態度で話を聞くようにすると、相手もいろいろと話をするようになります。また、このような態度で接することは「この人は他の人とは違う」という気持ちにさせることにも繋がります。そこで、「今の若い人の間で流行っていること」などについて話を聞くようにしてみてください。

 

2、対等に話が出来る話題を提供する。

どうしても年上の人は「自分は相手よりも優位な立場」と言うことをアピールしたくなるものです。そこで相手が分からない話をして悦に入る人も多いのですが…。重要なのは相手と「同じ立場で」話をできるものを探すことです。例えば旅行やペットの話題などはその代表的なものでしょう。一方で趣味の話題などであれば、「君のそのサッカーの見方はなっていないね」と、ついついベテランとしての苦言を呈したくなってしまうことがあるので、避ける方が無難かもしれません。

 

3、「その人流のやり方」を評価する。

若い人はとにかく「自分なりの方法」と言うものを模索したがるものです。その理由として「お前は俺の言ったことをやればいいんだ」と言われることが多いからだと思います。その為、その人独自のやり方と言うものを話す機会もないため、非常にストレスを持つということが多いものです。

そこで、「なるほど、そういうところに目を付けるなんてすごいな」と言った形で、その人独自の目の付け所などに興味を持つようにすると良いでしょう。

 

○まとめ

年下の人と話をする際には、相手のことを尊重できるような態度で接することが一番重要です。そこで、上手く相手と同じ立場で話が出来るように、上手く話題を提供できるようにすると上手くいくことでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone