Couple in love - Beginning of a Love Story

年上の相手との会話を盛り上げる3つの方法

年上の相手と話をする時には、あるいくつかの方法を行うことによって、会話が大きく盛り上げられることになります。そこで、今回はちょっとしたトーク術について簡単に解説をしていきます。

 

○年上の相手にはある攻略方法がある!

特に男性の場合、年上の女性と付き合うという機会にはあまり恵まれないのではと思います。また、人間は年を取るほどに自尊心も高くなっていくものなので、下手に同年代に対するような接し方をすると、相手に対しても「なんだ、この若造…」と思われてしまうことになりかねません。そこで、「愛嬌のあるキャラ」として相手に認識してもらうために、上手く相手と会話を盛り上げる方法について考えていきましょう。

 

1、昔流行っていたものについて話をする。

ブームと言うのは、意外と何回も繰り返すものです。例えばヨーヨーやキックボードは今の20代後半の人だけでなく、さらに上の世代でもブームが起きています。ゲームについても、特にポケモンあたりはブレイクした世代が広いので、今の30までの人だったら恐らくほとんど一度はプレイしていることでしょう。このような「昔流行ったもの」について話をすると、意外な共通点が見つかることでしょう。

 

2、わざと昔のはやり言葉を使って突っ込み待ちをする。

これも面白い方法だと思います。例えばわざと昔流行ったであろう言葉を使って「おいおい、私はそんな年じゃないよ」と突っ込みをさせて、若いころの話やそのころのエピソードに話題が広がっていくことになると思います。このように、相手の言葉を引き出すための方法を上手く使うことが、相手に対して良い印象を与えるためのポイントにもなります。

 

3、自分と同じ年代だった時の話を教えてもらう。

特に仕事に熱心な方に対して、有効な方法です。たいていの場合、年上の人は年下の相手と話している時に「自分が若いころは…」と思いをはせているものです。そこで、「そのころは、どんなことをされていたんですか?」など、自分と同年代だったころの話を聞くようにするのも有効な方法です。そのことから、相手の交友関係や性格の特徴なども知ることが出来るので、上手く行うと今後の関係形成にも大きな効果があります。

 

○まとめ

年上の相手と接する時には、絶対に偉そうにすることなく「相手から可愛がってもらえる」キャラを作ることが重要です。どうしても相手に対して評価的な態度を取ってしまうことが多いような方であれば、そのことを特に注意するようにすると良いでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone